CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 高齢ドライバーが悪い訳でない | main | 京アニ >>
高齢者用の免許を新設について

AT車の踏み間違い事故のみを減らすために、値段の高い安全付属装置の車のみ運転できるように法整備が進んでいますが、

自動車工業会の要望で、お金を貰っているマスコミが余りにも高齢者の暴走で煩いですよね。

与党が法整備を進めようとしていますが、根本の原因を作りAT車を普及させ、国民偕免許にした。自動車業界の責任は重いです。悪く言えば「誰でも乗れる車」を作り、MT車時代では「車を運転するのに向いていないと諦めた人まで車を売る付けた。」しかしそのAT車の特徴を正確に伝えることを怠ったことは、ある意味殺人教唆や共犯では無いですか?

残念ながら自動車の運転の基本はMT車です。内燃機関が発生したエネルギーをクラッチ&ミッション&アクセル等をうまく使用し走るのがMT車で有り車の基本です。MT車でミスすれば、意気なり暴走、ノッキング、エンスト、しゃくりで真面に乗っていられません。確かに1速で踏み間違えてアクセルを踏み込んでも、クラッチを踏み込みエネルギーの伝達をカットします。又、1速では軽トラでエンジンがオーバーレブしてエンジンブローで35km/hが限界です。選択したミッションの速度域を超えることはエンジンが壊れてあり得ません。逆の場合も低速時に高速走行用のキヤを選択してもエンストするだけです。

それを人間がクラッチワーク、アクセルワーク、ミッション選択を行ってスムーズに運行させるものです。

AT車の教習最初に最低5時間はMT車の教習を行うべきだと思います。この操作を機械が行ってくれることで、スムーズな発進、返速、停止が出来るのだと理解させる必要が有ります。そして機械が行うことの危険性も理解させる必要が有ります。

私が今運行している車は、45歳の時に購入した物です。将来を考え、2年程浮気をしましたが、5MT車にしました。

35才からAT車からMT車に乗り換えました。10年近いブランクが有りましたが、乗り換えて直ぐは小さなミスは多かったですが、

今は普通に乗れています。

高齢者に成ってもAT車を乗られる方は安全装置付き車に限定するのも仕方なしかな?

いや左足ブレーキの訓練をすれば良いのではないでしょうか。

高齢者はMT車か左足ブレーキを徹底するのが、今すぐできることではないでしょうか。最後にお金に余裕が有る方はサポアシ付きの安全装置付き車が来ると思います。

しかし機械は絶対安全とは言えませんので、過信は禁物です。

 

それよりもスマホ運転や信号待ちでのスマホを取り締まるべきです。AT車なので集中力を欠いています。「今あなたは1t以上の物をあなたの責任で動かしている」という事が理解できていない方が多すぎると思います。停止時も周りの交通状況を確認するのが本当ですよ。 E=mc2乗が理解できているのでしょうか????

 

 

| 愚痴 | 01:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chirusoku.com/trackback/1286150
トラックバック