CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 京アニ | main | 久々の移動運用 >>
国防・法整備が急務です。

SK国がGSOMIA延長を破棄しましたね。

これまでのA大国の発言から見て、制裁措置をされることは明白です。

多分、SK国はA大国に制裁を食らい、ナカ国にすり寄って行くでしょう。

ナカ国と黒電話国は繋がってます。

SK国はナカ国の援助等で言うことを聞かざるを得ない情況に成り、

ナカ国の手引きで黒電話国に吸収される形で統一されると思います。

この時、軍事境界線が38度線から対馬海峡に変わります。

ベトナム統一時も「ボートピープル」と呼ばれた難民が押し寄せ、

日本政府はその対応に追われました。

今度はその数万倍の人数が日本に押し寄せます。

その為の法整備が急務です。

その為にも国民がSK国難民をどうするのかを、

今、決めなければならない危急の事案であることを理解しなければいけません。

時間の余裕は無いのです。

SK国難民の問題点として、

1、予想される難民人数が多すぎる。(数百万単位)

2、多すぎるので収容施設が無い。

3、武装難民が紛れ込む。

4、どこから上陸させるのか、自治体の協力が得られない。

5、在日K国人幇助に寄る違法上陸を止められるのか。

6、対馬を自国領と主張しているので、不法上陸が横行する。

7、難民問題が日本政府の予算をひっ迫させる。

等々問題は山積です。

私は非人道的ですが、日本政府は一切のSK国難民を受け入れないのが、

日本国民の為の良策と考えています。

現在でも日本はK国の難民を100万人以上を在日朝セン人として受け入れています。

その多くが不法上陸した人又はその子孫です。

3世以降の世代は、日韓基本条約で帰国しなければならないのですが、SK国が

拒否しているのが現状です。自国民を帰国させないのがSK国です。

これ以上受け入れると日本が滅びます。

1、一切のK国難民を受け入れない。

2、不法に領海を侵犯するSK国難民は、撃沈する。

3、違法上陸者は死刑とする。

4、憲法を改正し、自衛隊を自衛軍に格上。

5、自衛軍格上で必要法整備を行う。

6、対馬の要塞化と警備を厳重にする。

 

K国がGSOMIAの延長を決めたことで、日本政府が至急行うべき対策が、

VISA復活です

K国は安全保障上の敵対国に成ったのですから、至急行うべきです。

外務省は渡航注意ではなく、最低でも観光渡航禁止にするべきです。

そして、渡航される方は人質又は人の盾になる可能性が有ることを、

理解して自己責任の念書を書く位の覚悟が必要です。

 

日本のマスゴミは、K国が敵対する国になったことを報道しません。

何処まで腐ってんねん。

 

 

 

 

 

| 愚痴 | 14:06 | comments(0) | trackbacks(0) | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chirusoku.com/trackback/1286152
トラックバック