CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 明けましておめでとうございます。 | main | オール兵庫コンテスト >>
正月、暇人が気付いた日本語の危機!!

正月早々、電車に乗ろうと駅に行ったのですが、カタカナ外来語のオンパレードです。

「デポジット入金」???「サブスクリプション」???

此処はどこ?私は誰??

日本とは思えない情況です。

 

皆さんは当たり前すぎて気付いていないと思いますが、

日本は世界で数少ない母国語で学習・研究等が出来る国なのです。

世界には母国語で学習・研究等が出来ない国の方が多いのです。

では何故、日本は母国語で学習・研究が出来るのでしょうか?

私が調べたところ、明治時代の先達のお陰で有ると思われます。

皆さんが何気なく使っている「翻訳」は、

外国語と同義語が日本語に存在していなければ出来ないのです。

明治の先達たちは、新しく無かった同義語を作り出してくれたのです。

そしてそれが漢字圏に伝わり、今や当たり前の様に使われています。

よく言われるのが「中華人民共和国」元々中国語に有った単語は「中華」

後の「人民」・「共和国」は明治以降に日本から伝わった物です。

 

先達が苦労して作ってくれたのに今、それを捨ててカタカナ外来語が溢れています。

日本語に有るのに何故、外来語を使用するのですか?

「保証金入金」・「定額制」で良いでは無いですか。

 

GHQの愚民化政策を彷彿とさせます。

日本にスパイ防止法は無いのでス。

 

このままで良いのか?日本!

 

 

 

| 愚痴 | 13:47 | comments(0) | - | -
コメント
コメントする